2017年12月31日

ブラックフライデー・年末セール情報サイト<12月30日:追加情報の更新あり>

<念のため12月末までトップに置いておきます>

ということで、ブラックフライデー&年末セール情報や過去の価格や履歴を見れるありがたいサイトのリンクを載せていきます。

(セール期間中はときおり追記してます↓)
<追記内容ログ:一番下にPolyverse GateKeeper追加。12月30日>


まず最初はもちろんKVRです。
今年はここにデヴェロッパーと製品と期間とリンクまで乗っていて便利。
トップにまとまっていますが新しい情報が続々追加されるため最終ページまで一通り見ておいた方が良いかも。

Black Friday/Cyber Monday Deal Thread--Help Me Keep Track of the Deals!
https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=43&t=494923

KVRではあともう一点、Sell Forumです。

こちらはセール情報のみ記載で質問やチャット禁止。
Bargain Center (Bargains ONLY; NO Chat)
https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=43&t=262151&start=11085

こちらでセール状況について質問などやり取りが行われています。
Bargain Center: discussion, gossip, etc.
https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=43&t=262178&start=19980


そして諸行無DAWさん。
年度別にセールになった会社と製品と価格が記載されてあり、さらに最安値がいくらであったかの記録も公開されています。
2013年から本年の2017年までのセール製品の記録と、プラグインの最安値を記録したセクションがまとまっておりとても見やすいです。
本当にありがたい情報でいつもありがとうございますと思いながら読んでいます!
そしてブログタイトル名の発想がオリジナリティ高いなと(笑)

プラグイン最安値覚書
https://emanon21.wordpress.com/sale-notes/
2016 Black Friday/クリスマスセール覚書
https://emanon21.wordpress.com/2016-black-friday/
2017 Black Friday/クリスマスセール覚書
https://emanon21.wordpress.com/2017-black-friday/


つづいていつもおなじみのRekkerdのセールまとめセクション。
https://rekkerd.org/deals-deals-deals/

プロ向け雑誌Sound On Soundのセールまとめ情報。
https://www.soundonsound.com/news/black-friday-deals


ここから下、よさげなセールを見かけたら更新してリンク載せる予定。


1発目は AIR Hybrid3が1ドル!拡張ライブラリも1ドル!
ライブラリ全タイトルと合わせても1,000円程度(笑)
世代的に古いからブラウザとかは不便だったり現代的な複雑な音は難しいですが
軽いし音も良いしライブラリまとめて全買いで良いのではと。
https://www.pluginboutique.com/deals/show?sale_id=3556

Audio DeluxeでBoz Digital Manic Compressorが安いですね。
https://www.audiodeluxe.com/products/boz-digital-labs-manic-compressor
Bozは他も色々と安くなっていてお買い得。
https://www.audiodeluxe.com/products/boz-digital-labs-10db-bundle

つぎ!
FluxのStudio Session Packバンドルが79ユーロとめちゃ安い。
カテゴリ的には廉価版と呼びますが内容と機能を考えると贅沢なぐらいです。

自分はPure AnalyzerとかBitter Sweet Proとかの単体を持ってるんですがFLUXって縛りがキツイからメインPCから動かしたくないんですよね。
それならこのFLUX Studio Session Pack買ってもう1ライセンス増やせば外で使うのに良いなと。
もしくは自宅のメインPCに欲しい人にもミックス用途で役立ってくれます。
特にAnalyzerの縦軸と横軸(Nebula)で周波数と定位と音量の分布が見れるのがほんと便利です。
https://fluxhome.com/project/studio-session-pack/


Audio DeluxeでWaves Horizonがカート入れて260ドル。
正直これは驚き。
自分はWaves製品はめんどくさいからもう買うのやめたのですがHorizonが260ドルならまさにお買い得。
今回のブラックフライデーの目玉といえるかもしれません。
https://www.audiodeluxe.com/products/waves-horizon-bundle


今年のブラックフライデーめっちゃ凄い。
FabFilter製品が単品でもかなり割り引かれていてProラインの製品でもカート入れれば安くなります。
たとえばPro-Rをカート入れて132ドル!
Fabfilter製品をほとんど持っている私のPersonal Upgrade適用価格が120ドル。

ライセンス大量所持者と全くの新規の方で値段差はせいぜい10ドル。
これは良い機会なので単品だけ欲しかった人はチャンスですね。
いくつも欲しい物がある方はバンドルがベスト。

Audio Deluxeのページはここ
https://www.audiodeluxe.com/search/site/fabfilter?f%5B0%5D=im_field_brand_term%3A230&f%5B1%5D=bm_field_on_sale_now%3Atrue


こちらはJRRのFabfilter関連ページ。Audio Deluxeとほぼ同等のセールのようです。
カート入れてForum適用できるところまでは確認しました。
https://www.jrrshop.com/fabfilter


D16の40%オフ。
D16は持ってる方は多いですけど一応とりあげます。
まず音源的にはKick専用のPunchBoxは超おすすめ。かなり強力なキックが作れます。
プリセットも良い。

構成的にクリック計3発と808や909のモデリング、サンプルオシレータ、サインジェネレータでキックを作り
後段にあるサチュレーション系とビットクラッシュ系とEQ、Filter、Limiterで完成度の高い音作りが出来ます。

もう1製品書くとToraverb2がダンスミュージック向きで安くて濃くて操作しやすくてお勧め。
https://www.audiodeluxe.com/search/site/d16%20group?f%5B0%5D=im_field_brand_term%3A223


Audiority
最新のディレイのイントロを除き、全製品がクーポン Black2017 で25%オフ。
ディレイ、リバーブ、シマーのPolarisが強烈なフィードバックが得られおすすめ。
操作がわかり辛い場合、Diffusionを90、Feedbackを80、Timeは任意、上段のSHIMを10〜20ぐらいにしてあとはwetで足したり引いたりすると楽しい。
収集付かなくなったらfeedbackを切る(笑)

各セクションに検索アイコンみたいなのがありますがクリックすると高度な設定が出てくる。
中にランダマイズもついていて良くわからなくてもクリック連打してるとハマったりします(笑)
Audiorityは他にもGrainSpaceとか面白い製品があるのですが、まずはPolarisを試してこの会社の傾向を見た方が良いかも。
https://www.audiority.com/shop/polaris/


Acon Digital Verberate
AconのリバーブなんですがAudio DeluxeでもJRRでも24.5ドルぐらい。
Wetやや多めにするとかなり良い響き方する。
ハイとローのDampingも視覚的にわかりやすい。
ERに対して細かい設定が無いけどパっといじってすぐに良い鳴りするんで役に立つ場面は多いと思う。
「つうか俺これメインで良いや」って人はかなりいるんじゃないかなと。
自分はいま軽くて優秀な鳴り方するリバーブを探しているのでその途中で色々と良い製品が見つかった(笑)

で、販売店のリンク。
こちらはAudio Deluxe
https://www.audiodeluxe.com/products/acon-digital-verberate

こちらはJRR
https://www.jrrshop.com/acon-digital-verberate


Kush Omega 458A
使いやすいサチュレータです。現時点でどれも20ドルでとてもお得。
プロテクションはドングルがいらない方のソフトウェアPace iLokなのでお気楽。

Kushはガチマニア向けの製品ばっかですがこのOmega 458AはボタンをON・OFFしつつツマミひねるシンプル操作でWarmに歪ませるのも激しく歪ませることも出来ます。
変な言い方になりますが、最高レベルに上質な歪みを与えられると自分は感じています。

OMEGAシリーズは458以外にNとAがありNeveとAPIのモデリングです。
1本選ぶなら458がおすすめ。
ドングル不要で1本20ドルなので3本全部買っても良いかもしれません(笑)
http://www.thehouseofkush.com/plugins/omega-458a


予算に余裕あるならこっちも良いですね。
TubeコンプレッサーのNovatron。
自分は動画で見ただけでそのうち買いたいリストに入っている製品です(笑)
これはiLok2かiLok3のUSBドングル必須ですが動画で聴く限りではとても良い感じのサチュレーションを持つコンプでした。
http://www.thehouseofkush.com/plugins/novatron



次行きます!
サイバーマンデーですがまだ情報追加します。
今回は強力に音圧を上げたり音色を太くというか迫力出せるプラグインで、フェスティバル系のダンスミュージックあってるヤツを3つお勧めします!


1つ目はDotec-Audio DeeMax
シンセとかキックとかベースとかにこれ刺すとグっと迫力と音圧稼げます。
「シンプルインターフェイスだから効果もそれなりだろう」みたいな事ではないです。
私はここ数年は定評あるプラグインを大量に買いましたが、DeeMaxもお気にリスト入り加わわっています。
このDeeMaxは機能と操作性が良いですがとくに音色が気に入っています。

こっちがSonicWireで4320円。
http://sonicwire.com/product/A1810

こちらはDotec-Audio本家。
本家は5000円だけど購入したシリアルが
1500円のクーポンとして機能するので複数買いなら本家がおすすめ。
https://dotec-audio.com/deemax_jp.html

続いてDeeFat
ある程度音をまとめたところでさらに音に迫力出したい時に凄く良いです。
思いっきり使っても破綻することなく音全体に厚みというか太さというかグッと音を強化できます。
各トラックだけでなくバスやマスターに刺してもガツっと良い感じに効きます

こちらがSonicWire
http://sonicwire.com/product/A1809

こちらが本家。他製品持ってるならシリアルがクーポン代わりになって1500円引き。
https://dotec-audio.com/deefat_jp.html

で最後もまたDotecでDeeEQです。 これはLowかHighにどれぐらい効果を付けるかフェーダーで決めて
縦フェーダーで絞るかブーストするか決めます。
「こんな簡単なGUIで大丈夫かよ」と思うだろうけど(自分もそうだった(笑)) 良い感じにハイ・ローを強化してくれます。

SonicWireがこちら
http://sonicwire.com/product/A1808

Dotec本家がこちら。他製品シリアルで1500円引き。
https://dotec-audio.com/deeeq_jp.html

どの製品もデモが自由に使えるので自分で試すのをおすすめします。自身の好みが重要ですしね。
まずはDeeMaxで試すのが良いと思います。自分もDeeMax使って「あ、この会社の製品すげーいいじゃん」と1発で納得したので。
失礼ながら見た目がすごく変わっていて誤解を受けやすいと思われますが、音は安っぽいなんてことは全くなくまさに「即戦力」です。

おそらくこの会社の想定ユーザーはフェスティバル系のダンスミュージック製作者だと思われます。
ガツっと迫力のある音が出せるので。
そしてデモれば自分の好みに合うか簡単にわかります。
何故ならシンプル操作で特徴をつかみやすいので。


ブラックフライデー関係でギリギリ追加します。

EAReckon EAreverb2 99ユーロ

豊かな残響を得られるリバーブを手にしれました。
このリバーブはアルゴリズムが豊富に用意されておりダイアル式でカチカチ決められます。これがサイズの設定になります。
3つのモードがありProモードではERの反射サイクルを手動で設定したり、リバーブ量をマルチバンドでアナライズ表示しながら設定出来たりかなり詳細にパラメータが用意されている。

リバーブで詳細詰めるのが苦手な場合、イージーモードがあるので簡単に設定できます。
リバーブアルゴリズムをカチカチ選んで、Decayのツマミで長さ決めてER/Lateのツマミで調整する程度。
手早く良い響きを得ることも出来ます。

個人的にリバーブは色々と漁ったけどこれで決まりだなと感じました。
残響の良さ、設定の豊富さと柔軟さ、操作しやすさ、負荷が高くない、わかりやすさ、特殊な効果も作れる、そして価格も元からそれほど高くない。
今回のセール期間内に買わないとしてもデモで一通り試すのをお勧めします。

Proモードはたくさんあるパラメータを把握していないとよくわからないタイプのリバーブなので、そういう場合はイージーモードがおすすめです。
必要最低限で適量のパラメータが分かりやすく並んでいるので、普通のリバーブと同じような手軽さで使えました。

セールの期限的には今日いっぱいか明日までか、もしくは時差の関係でPlugin Boutiqueで滑り込みセーフもあり得るかなと。
まあまたやるだろうからわざわざ滑り込む必要ないですが(笑)


本家では99ユーロで売ってます。日本からだからEUのTAX抜けるか聞いてみたら非常に手間がかかるらしく出来ないとのこと。
https://www.eareckon.com/en/products/eareverb2-reverb-plug-in.html

こちらはPlugin Boutiqueで1.3万ぐらい。ささやかながら4.3ポンドのポイントが付きます。
https://www.pluginboutique.com/product/2-Effects/17-Reverb/1948-EAReverb-2


12月30日です。
最後の追加はPolyVerse GateKeeper。
Infected Mushroomがらみの会社ですね。
Audio Deluxeで定価49ドルがイントロとカート割引で32.9ドル。
これはLFO ToolとかCableGuysのVolumeShaperとかのサイドチェイン効果系の発展型です。
MIDIでトリガーしまくったり複雑なカーブを描くための手段が用意されていて利用範囲は広いなと。
プリセットもめっちゃ充実。
そして何故かCVアウトが出来るそうなのでBitwig界隈で組み合わせると面白いのかもしれない。

Audio Deluxeへの直接リンク。
https://www.audiodeluxe.com/products/audio-plug-ins/polyverse-gatekeeper

こっちは開発元のPolyVerse。
動画見るとどんな場面で役立つか把握できます。
https://polyversemusic.com/products/gatekeeper/

一応少し画像も載せます。

メイン画面。ぐにゃぐにゃ書きまくれます。
LFO Toolのようにカーブを描くなら右クリックでドラッグします。
1Main.JPG

これがカーブのメニュー。これはドラッグでぺたぺた書けるので連続して細かく書く時に便利。
細かく刻んでゲートのようにしたり急激なカーブを複数組み合わせて特殊な効果も作れます。
2Curve_Selector.JPG

これは右クリで出てくるメニュー。
CVとかもここから操作できるようです。
3Curve_Menu.JPG

そしてプリセット。
この画面構成だと1拍だけのカーブでなく、シーケンスとしてガッチリ作りこめるので
プリセットも多彩な選択肢を提示してくれています。
7Presets.JPG

右クリから大量のエンヴェロープを呼び出せます。
GateKeeperは8スロットあるのでプリセットで切り替えずに右クリで追加していく方法も使えますね。
8Click_Menu.JPG
posted by nekokick at 23:59| Comment(0) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。