2016年06月26日

Flux:: Pure Analyzerが1年半ぶりに半額セール

FluxのPure Analyzerが久しぶりにセールです。
6月末まで半額なのでキレイで滑らかで正確なアナライザが欲しい人におすすめ。


Pure Analyzerの最後のセールは2014年でしたね。
http://flstudio.seesaa.net/article/411035730.html

何故かPure Analyzerだけガードが固いというか、セールだけでなくサブスクリプションからも除外されてるんですかね?
まあどっちにしろ久々の半額セールなので、サマーセール本番前ですが買いだと思います。

前回も書きましたが、このPure AnalyzerはスタンドアロンなのでDAWをクリックすると裏面に隠れてしまいます。
しかし、「最前面でポーズ」という日本製ソフトを使うとDAW内のVSTプラグインとほぼ同じように使えます。
このフリーソフトの作者さんにはマジで大感謝です。
http://so-zou.jp/software/pause/
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se468861.html

ちなみにDAWから音をルーティングするのはFLUX製のフリープラグインSampleGrabberを使います。
これを使えばどのトラックからでも音声をルーティングしてアナライズ出来ます。

しかしVoxengoやBluecat AudioやMeldaのようにマルチトラックでリンクする機能はありません。Sample Grabberにサイドチェイン入力すれば似たような事は出来ますが、Multi Channelオプションを購入する必要があります。
値段は高いけど便利で見やすいです。

個人的に一番気に入ってるのはNebulaです。
周波数と定位の分布を直感的に見れるようになってます。

Nebula.JPG


この雲のような表示がリアルタイムだととても美しい。
地味な作業を楽しく出来るというのも大事だなと。


そしてFlux::製ソフトの注意点ですけど、前からFlux製のソフトを何か使っていて、その後にFlux Centerを初めてインストする場合、慎重に作業しないとインストもアンインストも出来なくなります。
どうやらFlux Centerを入れる前にそれまでのFlux製ソフトを全てアンインストする方が良いようです。
そして自分はWindows8.1からWindows10にアプグレしたのですが、ここをまたぐと削除できなくなるソフトがあるようです。
自分の場合はWin10にしたらFlux製ソフトがアンインストもFlux Centerでのアプデも何も出来なくなりました。

Fluxのサポートに問い合わせたところ、Fix Itというマイクロソフト公式の削除ツールを教えてもらったのですが日本版はまだ出ていません。
どうしようかなと思ったんですが、復元ポイントを作ってからFLUX製品を手動でフォルダごと削除して、その後にFLUX Centerをインストしたら無事正常に戻りました。
正直運が良かったというか冷や汗ものだったので、慎重に作業する事をお勧めします。

あともう1点、Fluxのプラグインは最初にインストした場所からディレクトリを動かすと、パラメータが空白になって見えなくなります。
そのためインスト場所の設定は慎重に考えた方が良いです。
Abletonとかプラグインフォルダを複数指定できないDAWだと、一度インスト場所を間違えるとどうにもできなくなります。
まあパラメータがブランクでも音が出ないとかではないので何とかなりますが。
ちなみにCubaseの場合はFluxのプラグインを移動させようがしっかり表示されます。さすがVSTの本家と言った所。

色々と書きましたが、今回のPure Analyzerのセールは日本でもやってるし、日本版を買ってサポートを使うのも良いんじゃないかと思います。
posted by nekokick at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439419870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック