2016年05月05日

Glitch2でドラムロールを作る

この分野の先駆者的なプラグインのGlitch2についてです。 絶対に必要な場面はそれ程ないかなと思っていたのですが、実際に使ってみると便利ですね。 この制限された枠の中でやれる事としてはかなり面白いです。 ドラムのロールは打ち込んだ方が早いんじゃ?と思う方も沢山いると思われますが、
操作に慣れておくと応用効いてかなり便利です。

という事で動画にしてみたのですが、今まで手打ちしていた苦労が馬鹿らしくなるほど簡単だった。
もっと早く気付きたかったかな!(笑)


https://www.youtube.com/watch?v=LUd47t3647A



他にもSugarBytesやImagelineやiZotopeなどなど競合がありますが、機能と操作性と価格のバランスが取れてるのがGlitch2だと思います。

Stutter Editは事前に仕込んでおけば即興出来るプラグインとなるので、Glitch系とStutter Editの両者を所持するのが良いかなと。
タグ:VST stutter Glitch
posted by nekokick at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437547201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック