2015年11月03日

Bitwig 1.3のタッチ機能をSurface3で使用してる方の貴重なレビュー

Bitwigに関していつも高い分析力を用い考察しているfromadistance?さんによるBitwig1.3のレビューが来ました。
今回もBitwigユーザー必見の内容となっております。


http://softsweetbeanjelly.tumblr.com/

Bitwig 1.3のタッチ機能を実際に使った上での解説となっておりますが、これは実に興味深いです。
これまではDAWの操作性を上げるためにはフィジコンを導入するしかなかったわけです。
自分もフィジコンを幾つか所持していますが、DAWの操作を簡略化したと言ってもパラメーターを何回もめくったりする必要があります。
DAWの特性をダイレクトに活かしたハードはAbletonのPushがありますが、それでもあれくらいが限界です。

フィジコンを導入してもそれで万全というわけではなく、何かしら限定された中での操作体系を覚えなくてはなりません。
まあ別にそれでいいやという感想を持っていたんですが、そこへ来てBitwig 1.3のマルチタッチ対応です。
これはいま目で確認しているパラメーターその物を直接触って操作できる点が大きく違います。
VSTだろうとパラメータだろうとミキサーだろうと、もうページをめくったりせずいじりたい物があったらそのまま画面を触れば良い。

これってかなり大きな進歩だと思います。
取って付けたような機能では無く、Bitwigの持ち味を十分に活かした上でマルチタッチ独自の恩恵を与えてますし。
今回のマルチタッチへの対応と実装具合は実に洗練されていて、これこそが真のマルチタッチ向けDAWであるなと感じました。

ちなみに自分はマルチタッチの比較的買いやすい値段の2in1ノートを買おうと思っていましたが、
スケーリングに関して実際にBitwigを走らせてる画面を確認してからの方が良さそうですね。
posted by nekokick at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック