2017年11月19日

<2017年用に更新>年末セールで買い時なPluginその1 シンセ&ドラム音源編

11月になったという事で本格的なセールシーズンが迫ってきました。
しかし資金には限りがあるのでなるべく安く効率的にプラグインを購入できると良いなと。
そこで年末セールのタイミングで購入するのが適してると思われるソフトをリストアップしてみます。(2017年11月に幾つか入れ替えました)
あくまでも個人的な好みでしかないですが、ダンスミュージック向きだと思う物を取り上げました。

ちなみにあくまでもセール予測なので外れる事も十分あり得ます。
そしておすすめしていますが好き嫌いがあるはずなので必ず自分で試して納得してから購入することを推奨します。

という事でまずはシンセ音源とドラム音源編です。


ここ数年はプラグインを買いまくり、良いと思ったソフトをこのブログで取り上げてますが、
実際のとこ金の無駄みたいなプラグインも中にはあります。
良い物の良い面を取り上げていこうという趣旨のブログなので、良くない製品については基本的に触れていません。
そういうプラグインは特に取り上げる事は無くスルーというか使わないので忘れ去っていきます(笑)

でも出来れば無駄な出費は避けたいなという事で、個人的な好みでダンスミュージックに即戦力だと思われるプラグインで、
なおかつ年末に向けて安くなりそうな物をピックアップしてみました。


シンセ編

Massive
http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/synths/massive/
Maschineに付いてくるのでMaschineのセールでゲットするのがベスト。

ANA2
https://www.sonicacademy.com/products/ana (こちらは1.5です)
まだANA2はリリース前でベータを使っていますが強化内容は素晴らしい。
ANA1から大きく機能アップしておりWaveTableとSamplingOSCなど膨大な強化が行われています。
このシンセのEpicで美しい音が大好きだったのですがOSCとMODとENVが強化されまくり近年の音も余裕でカバーできます。
いままでの傾向的に開発者はTrance系やProgressive系に強くこだわってるようですが、強化された機能により現代的な複雑なモジュレーションを用いる音も、サンプラーOSCとWaveTableで自在に音作りできます。
ちなみにANA2の詳細についてはこちらのエントリにスクショを上げて少し説明しています。
http://flstudio.seesaa.net/article/454656511.html


RAW
http://www.robpapen.com/raw.html
ダーティーな音に特化した激しいダンスミュージック向けの強力なシンセです。
Rob Papen製品はeXplorer4のセールでゲットすると安いです。

Predator 2
https://www.robpapen.com/Predator2.html
Predator1からだいぶ印象が変わり強力な音が出るようになっています。
OSCで使える波形が膨大で自分で波形を描くことも出来ます。
MassiveやSerumを意識しているようで内部的にはENVが6系統・LFOはタイプ別に6系統用意されています。
ブラウザが表示形式が工夫されていて使い勝手良いし、シンセ自体も軽めで使いやすいです。

theRiserもしくはVacuum Pro
http://www.airmusictech.com/product/the-riser
AIR製品は1年じゅう何かしら安いので、そこからAIEPのアプグレセールに行くとお得。

Spire
http://www.reveal-sound.com/
シークレットセールの場合があるのでメール登録しておくと良いかも。

Dune2
http://www.synapse-audio.com/dune2.html
例年通りなら20%オフぐらいは来るんじゃないかなと。
このシンセはSuperSawが美しいですよね。
搭載波形とユニゾン周りの調整しやすさが良いですがノイズの絡め具合がうまくいくとEpicでLushな音色が出て、「これマジで美しいな!」と感じるようになったので色々と試して感動しています。

Parawave Rapid
https://parawave-audio.com/products/instruments/rapid_synth
新興メーカーで開発は遅いですが音色は物凄く即戦力で、フェスティバル系の人にまさにドンピシャ。
ここも年末セールやると思います。
エクスパンションが49ユーロなのでセールで買っておいた方が良いです。 今後の予定では年内にTrance XT、そのまた近いうちにFuture Bass XTを出す予定とのこと。

SynthMaster
http://www.kv331audio.com/
個人的にインターフェースが好みではないですが、マイナーアップで機能自体はかなり変わりました。
Everythingバンドルを買っておくと便利です。


ToonTrack EZKeys
http://www.toontrack.com/ezkeys-line/
去年は20ドルくらいの激安が来たけどメーカ的に今年も何かやるかなと。

CinebrassPro
https://cinesamples.com/product/cinebrass-pro
ダーティーなブラス音源でダンスミュージックに転用しやすいかと。
例年通りならこのセール時期が一番安くなります。


やらないと思うけどもしセールになったら買いのシンセ
Serum
https://www.xferrecords.com/products/serum
2015年Synth Ranking1位のシンセ。Plugin Boutiqueのクーポンゲット出来れば安くなる可能性あり。

Sylenth1
https://www.lennardigital.com/sylenth1/
超定番ですがセールになったら優先した方が良いと思います。
自分は最近Sylenth1の負荷の軽さが重要だなと思うようになりました。
他にも良いシンセをたくさん持っていますが、重いシンセだとどれだけ良い音出せてとんでもなく機能豊富でも重さでボトルネックになってしまってまともに使えない。
なのでSylenth1のように重ねてもユニゾンしてもあまり重くならないシンセを中心にする方向に転換しました。



Drum編

Maschine
http://www.native-instruments.com/jp/products/maschine/production-systems/maschine/
Massiveなどの付属プラグインやドラムネタの質など総合的に見て非常に優れたパッケージです。
でもそろそろタッチのモデルとか出そうですね。

Kick2
https://www.sonicacademy.com/products/kick-2
超定番のキック専用プラグイン。キックに特化した音作りが凄くやり易いインターフェイスです。
ダンスミュージック作るなら確実に押さえておきたい。
追加販売されているライブラリの質も高く安いでのも大きなメリット。
40%引きが来ると思いますが元から安いのでセール以外で買うのもあり。

Punch Box
http://d16.pl/punchbox
D16 Groupが作ったキック専用音源で、内部的にはクリック・アタック系が3発、中央のメインオシレーターが808と909と606とサンプラーとSine Generatorがあり、サンプルはCFAから提供されていて、これらを使って強力なキックが作れます。
後段のエフェクトセクションにEQとディストーションとフィルターとビットクラッシャーとリミッターがありサチュレーションをうまい具合にコントロールできます。
それと合わせて中央のオシレーターにはKeyTrackがあるので音階をつけてみると、、、、
こいつはダーティなベースにもなるぜー!、、、と一部の人がハイになる音色も出せます。


Phalanx
http://www.vengeance-sound.com/plugins.php?sub=Vengeance Producer Suite Phalanx
Vengeanceによるダンスミュージックに特化した即戦力なDrumプラグイン。
シンセ音源としても良い音してます。
例年通りなら12月に25%ぐらいのセールが来るはず。


という事でシンセとドラム音源編でした。次はダイナミクス系エフェクトに続きます。
長いのでエントリを分けます。
posted by nekokick at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽制作環境の構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック