2015年08月16日

Voxengoの傑作EQプラグインGlissEQとCurveEQ

VoxengoのEQについてです。
このメーカーの製品は見た目が地味で損していますが他にはあまりない便利な機能を備えていたりします。
その中でも特に便利だなと思うGlissEQとCurveEQについて取り上げていきます。
8月いっぱいVoxengoはセール中です。
http://www.voxengo.com/



まずはGlissEQからです。
http://www.voxengo.com/product/glisseq/
これは何かと言いますとアナライザ付EQなんですが、他のアナライザ付EQと何が違うかと言いますと マルチトラック表示が出来るEQであるという事です。
他のトラックをアナライザで表示しながら被りをEQで調整していく事が出来ます。
これがなかなか便利なんですよ。

これが各トラックをアナライズ表示しながらEQでカットしているところです。
止まっている画面だとゴチャゴチャして見辛いですが、実際使ってみると便利です。
表示したいトラックは画面下部のImpotr Fromで選択できます。
GlissEQ_MultiAnalyzer.JPG


WideViewにすると各トラックの名前も画面内に表示できます。
GlissEQ_WideView.JPG


画面内にEQエリアを設定して楽器別の帯域を表示することも可能です。
GlissEQ_AreaView.JPG


アナライザの挙動は細かく設定可能です。
Spanなどと共通ですので慣れてる人なら簡単に設定できます。

自分はブロックサイズは8192、Overlapを右いっぱい、AVGTimeを500前後にすると使いやすいです。
Rangeも最下限と上限の表示を設定できます。周波数もLowとHighをそれぞれ好きなように設定できます。
望むのであれば20ヘルツ以下を表示することも可能です。
GlissEQ_SpectrumEditor.JPG


という事で、これからマルチ表示のアナライザを買うならEQも付いてるGlissEQにするのも便利かもしれませんよ!とオススメしておきます。
ちなみにダイナミックEQにもなるのですが設定項目が少ないのでオマケ程度に考えた方が良いかもしれません。




続いてCurveEQですがこれはなかなかユニークです。
http://www.voxengo.com/product/curveeq/
これもスペアナ付EQなんですがこちらは1トラック表示です。
しかしEQのタイプが独特でFreeformボタンをオンにするとでマウスで自由にカーブ描けるんですよ。
CurveEQ.JPG

CurveEQ_Freeform.JPG

このようにかなりデタラメに書いてもしっかりカーブを作ってくれます。
急激なスロープもカマボコ型でも自由に作れます。
これをFreeformモードを外すとこのように細かくエンベロープのポイントが表示されます。
CurveEQ_CurvePoints.JPG


このカーブを3つまで重ねて書く事が出来ます。
1段ではあまりエグくカットできなくても2重に掛けるとガッチリカット出来たりします。


まあここまではまだまだ割と普通です。
しかしCurveEQで本当に便利なのがEQマッチング機能です。
目標にしたい楽曲のEQを解析して自分の曲に自動でEQ掛けて再現してくれちゃいます。
このために自由なカーブが書けるようになっていたんだなと。
言葉で説明すると非常にわかりづらいのでスリープフリークの解説動画を見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=4nyUhIpAxDQ

動画ではリアルタイムに楽曲を流して解析していますが、WAVファイルをロードして解析する事も出来ます。
楽曲全体をEQ操作しなくても、例えば目標にしたいキックを抜いてきて解析し、自分のキックに自動EQさせたりしても良いかもしれないですね!



というわけでVoxengoのプラグインは見た目が地味ながら割と特殊な機能を備えています。
他にも細かい部分の使い勝手も良くて画面を自由に拡大縮小出来たり、VST3に対応してたりVST2.4でもサイドチェイン対応してたりしています。

現在セール中なんですが、2本以上同時に買うと割引幅が増える制度になっているので、1本しか欲しい物が無くても2本以上買うのをお勧めします。
例えばマルチアナライザのSpanPlusを一緒に買うと便利で良いのではないかと。

もしくはリミッターのElephantも良いですね。
このリミッターは初期状態ですと地味な音色ですがかなり鉄壁です。
で、一見シンプルなパラメーター構造なんですが、設定を掘り返すとかなり細かくいじれてガッツのある音にも出来ます。
Elephantもトップクラスにおすすめ出来るリミッターです。

http://www.voxengo.com/
posted by nekokick at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック