2014年10月02日

Bitwig待望のバージョンアップ 1.1のレビューらしい

今年発売されてからバグフィックスを中心とした小数点以下バージョン違いのみをリリースしてきたBitwigですが、待望の新機能追加バージョンアップが近々登場するようです。
予定では1か月程度で出てくるらしい。


http://www.audiotechnology.com.au/wp/index.php/bitwig-goes-big

New Features:
•Multi Out VST routing
•Crossfader
•New Timestretch modes
•Free MIDI routing between channels – route track note output to any other track
•Free Audio routing between channels
•Access individual channels, VST outs, Drum Machine cells etc. as sources for routing (huge)
•VST Sidechaining
•VST effect chains
•A whole lot of additions to the API
•New devices – De-Esser, Audio Router, MIDI router, Note MOD etc.

Bitwigはバージョン1.0のDAWとしては良くできていると個人的には思っているのですが(特に直感的な操作性)、MIDIのルーティングやVSTのパラアウトなど欠けている機能も多い印象でした。
今回のバージョンアップの内容を見て、これなら様子見ではなく本格的な導入にも耐えるDAWになるなと思いました。
DAWとして基本的な部分はほとんど押さえたので、これからはBitwig特有の直感的な操作性、流れるような作業体系に繋がっているウインドウレイアウトの良さなどが光ってくると思いますね。
とりあえずリリースが楽しみです。
posted by nekokick at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック