2019年01月20日

Presonus ATOMとGeneric Flexi 2でBitwigを操作する動画

豊富なコントロールパーツを持つドラムパッドPresonus ATOMにDrivenByMoss Generic Flexi 2で機能を割り振り、Bitwigをコントロールする基本的操作についての動画を作りました。
続きを読む
posted by nekokick at 20:28| Comment(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

Bitwig 3.0が発表されFully-modular system - The Gridが搭載される

Bitwig発売前から掲げられてきたNative Modular Systemの一端がFully-modular sound systemとして解禁されます。
The Gridというデバイス/エフェクトを通じ120の新規モジュールを組み合わせ独自シンセや独自エフェクターの作成が可能。

これ自前のプラグインもネスト可能と書いてありますね。
Bitwig初期段階からVSTのパラメータ全リスト表示していたのはこのためかな。
しかもOpen Controller APIによってこれらはコントローラブルであると明記されています。
じゃあMIDIコンからもモジュール操作出来ちゃうんだ、ということですね。

(修正:オープンモジュラーシステムとか言っていましたが完全に私の間違いです。Fully-modular sound systemと言い改めます。失礼しました。)
続きを読む
posted by nekokick at 21:56| Comment(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

DrivenByMoss Generic Flexiがバージョンアップし操作性が向上

Bitwig向けのMIDIコンスクリプトDrivenByMossのGeneric FlexiがVersion2になり、アサイン方法も設定メニューも便利になりました。
特にノブやカーソル類に複数の機能を持たせることに標準で対応したので色々とラクです。
追記:
このあいだチラっとGeneric Flexiで作った設定ファイルをちょくちょくバックアップした方が良いと書きましたが、理由としては設定作ってると割と簡単にファイルや設定内容が壊れて作り直す羽目になるからです。
なので設定が固まるまではexportする前にバックアップをコピペとかで保持して、もしもの時に巻き戻れるよう何段階かで対策するのをお勧めします。
追記終わり
続きを読む
posted by nekokick at 13:34| Comment(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

Bitwigの機能でPresonus Atomにアサインすると便利な物

小型ドラムパッドでありながら豊富なコントロール部を持ち汎用性の高いMIDIコントローラーとしても優れているPresonus Atom。
豊富なボタンやノブがあっても操作が複雑にならないよう工夫されています。
設定を変える時の操作に統一性があり頻繁に設定を変える繰り返し操作も煩雑にならずシンプルです。
(ちなみに今回はStudio Oneでの挙動については触れていないです)
続きを読む
posted by nekokick at 17:07| Comment(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

Presonus AtomをBitwig用MIDIコン&Drum Padとして使う

持ち歩きが出来てパッドがしっかりしていて操作性の高いドラムパッドを探していました。
Presonus Atomについて調べてみたらメーカーのサイトでほとんどのDAWで使えると書いてあったのと
豊富でよく整理されたボタン類と4本のノブとパッド自体などなどが簡単にアサイン出来る事を知り
持ち歩き用のドラムパッド兼Bitwigコントローラとして購入しました。
小型ドラムパッドでありながら高い機能を持ち、それらが快適に操作出来るよう良く考えられた製品です。
続きを読む
posted by nekokick at 15:25| Comment(0) | Bitwig Studio情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする